大物を購入すると一気にクレジットカードポイントがついてウハウハ

普段の生活では頻繁にクレジットカードを使用することがないのですが、大きな買い物をする時にはクレジットカードでポイント狙いのために使用することがあります。家計管理に自信がない事もありそういう大物を買った時には、その金額をすぐに引き落とし口座に入金するようにしています。結婚式などでは限度額オーバーでクレジットカードが使えなかったのですが、ここ最近で一番大きな金額をクレジットカードで払った時は、結構ポイントがついて嬉しかったです。30万円位だったのですが、金額がとても大きいのでクレジットカード払いにしました。一括で払い支払い口座にはすぐに30万円を入金しました。その後、毎月引き落としの分のポイントだけついていうるところに一気に30万円しはらい分のポイントがついてしばらく嬉しかったです。

クレジットカード利用が不安なら

クレジットカードは、ネットショッピングでの利用をするときにも使い勝手がよく、また現金を持ち歩かなくて良いので便利なのですが、使いすぎが心配なものでもあります。ついつい、現金とは感覚が違うのでわからなくなる人もいるのです。現金を持ち歩くのが嫌で、後払いかどうかが関係ないという人は、デビットカードを選ぶといいでしょう。デビットカードというのは、そのカードの口座にお金を入れておき、カードで支払おうとするとそこからお金が出るものです。ある意味Suicaのようなもので、海外で使うこともできたりと利用もしやすいです。払いすぎることがなく、また審査もないので誰でも使えて良いです。銀行のキャッシュカードにデビットカードが複合されているものもあるので、銀行から選ぶのも良いでしょう。

クレジットカードの署名について

クレジットカードの裏面にある署名欄にしっかりと署名しているでしょうか。どのくらいの人が署名していないのかははっきりとはわかりませんが、署名をしていない人もかなりいるでしょう。クレジットカードの裏面の署名くらいは一分もあればできるでしょうし、署名しないことは思わぬデメリットを受けることもないではありませんのでしっかりしておきましょう。クレジットカードの署名がないことによるデメリットは二つあります。一つ目は署名なしではクレジットカードの利用を断れられることがあります。二つ目にはクレジットカードのスキミング被害などが起こったときに署名をしていないと、補償されない場合があるのです。こちらの方が重大なデメリットになるかもしれません。

クレヒスを稼いでクレジットカードをランクアップ

クレジットカードの審査は安定した収入がないと見なされてしまう自営業や個人経営者には未だに高い壁となっています。農業や漁業の従事者などもクレジットカードが作れないがゆえの苦労を味わうことも多いようです。しかし、現在では審査が緩く通常のクレジットカードが作れない人にも作りやすいカードがいくつか登場しています。それらは特定の店舗でなければ使用できないといった大きな制限がかかっていることも多く利便性の悪さから敬遠している人もいますが、実はそれらのカードでも使用すればするほどクレヒスは積み上がっていきます。クレヒスの良好さは新たなクレジットカード審査で非常に有利に働きますから、まずはとにかく簡単に作れるカードでクレヒスを稼ぎ、次いで通常のカードへとランクアップさせていくのがおすすめです。

急遽の都合でも上手くクレジットカードを活用して

仕事帰りを見計らった様に突然の電話が携帯に入り、慌てて出ると相手は懇意にしている近所の釣具店。どうやら注文していたロッドの入荷が当初の予定より大幅に早まったとの事で、すぐさま引き渡せるとの事。私の突然でちょっと迷ったのですが、すぐにでもそのロッドを見に行きたい欲求には勝てず、急遽その釣具店に向かう事になりました。支払いに関しても手持ちのお金が足りず一瞬困ったのですが、こちらにはクレジットカードもあります。お店に着きお目当てのロッドの出来の素晴らしさに一通り感動した後、現金で支払える分を先に払い、残り分はクレジットカード支払いで充てる事にしました。結局3万円近い額の約半額分をクレジット支払いとする事が出来、月々の目標に定めていた自分なりのクレジット支払いの限度額内に収める事に成功したのでした。

クレジットカードを選ぶなら年会費無料!

クレジットカードもいろいろあって迷いますよね。そこで選択するときのポイントなんですが、なんといっても年会費です。カードによって年会費がかかるものとずっと無料もの、また初年度だけが無料でその年の購買額が規定の額を超えると翌年が無料になるものなどがあります。特に何かにこだわることがなければ、迷わず年会費無料のカードを選んでください。年会費が無料と有料の差はクレジットカードの本来の機能からするとほとんど変わらないからです。クレジットカードはいわゆる「ツケ売り」のようなもので、購買時には現金を支払わないで月締めで支払うシステムです。この機能はどのカードも変わりません。違いは付帯のサービスの差なのです。しかもポイントサービス以外は付帯サービスを利用する機会はほとんどありません。それなら無料に限りますよね。

うまくクレジットカードを使う事が大事

クレジットカードは、カードを提示するだけでお買い物ができて、支払いに関しては、分割で後で支払っていく感じになってきますので、非常に使い勝手が良いです。そこで、うまく使う事が大事です。すべての買い物をクレジットカードで精算していると、どうしても支払いが分割とはいえ、後が大変になってきますし、なかなか返済が終わらない感じになってきます。ですので、一部の買い物だけをクレジットカードを使用していく方が良いです。例えば、高い物を買う時だけ使用したり、普段の食料品を買う時だけ使用したりなど、うまく現金と使いわけると良いです。いくら分割とはいえ、後の返済の負担を考えますと、きちんとコントロールをしていく事が大事です。

クレジットカードはポイント還元率重視

クレジットカードを作ってからは可能な限り月額制サービスやネットショッピングなど、あらゆる買い物をカードで支払うように気を遣っています。ポイント還元率は少額の買い物ではほとんど気にならない程度のものでしかありませんが、意識してカードでの買い物を増やしていくことで年間ではその効果を実感できるほどのものになりました。一般にクレジットカードのポイント還元率は0.5パーセント程度と言われていますが、調べてみると1パーセント以上の還元率を謳い文句にするクレジットカードは意外に多いもので、複数のカードを有効に使い分けることでもっとお得なポイント還元を実現できるのではないかと今は他のカードについても研究を始めています。

海外ではクレジットカードを持っていると非常に便利です

国内にいるときよりも海外に行ったときのほうがクレジットカードのありがたみを感じます。ビザ、マスター、アメックスなどだと、海外では特に便利です。やはり、ある程度の額は現地通貨に両替する必要はありますが、それは最低限にしておき、後はクレジットカードで支払ったら良いと思います。ただ気をつけないといけないのはレート換算です。あまり気にせず、バンバン使ってしまうと後から後悔する可能性もあります。あと、海外だとクレジットカードを持っていると信頼性が高まるというのもメリットと言えます。クレジットカードが無いと、デポジット(保証金)を求められたりすることもあります。そういう意味でもクレジットカードは一枚は持っておくべきです。

クレジットカードでポイントをためる方法

クレジットカードでポイントがたまらないとお考えの人は多いのではないでしょうか。どうしたら上手にポイントをためることができるのか、きっと多くの人が知りたいと思っているはずです。そのポイントを上手にためるための方法を簡単に紹介しますのでご参考になさってください。まず基本的なことですがクレジットカードをできるだけ多くの支払いで使うということが大切です。普段の買い物もそうなのですが、その他に見落としがちなものに公共料金の支払い、携帯料金の支払い、家賃の支払いなどがあります。そういったものにもクレジットカードを適応することで、きっと今までよりもずっと多くのポイントをためることができるようになるのではないでしょうか。